アルミ鋳物とは

アルミ鋳物は、アルミニウムを溶かして鋳型に流し込み、凝固させて作った製品の事です。鉄や銅よりも比重が軽いうえ、加工しやすく複雑な形状も作れます。鋳造方法も多様で、少量生産や大型の鋳物に適した砂型鋳造、単純な形状のものに適した鉄型鋳造、大量生産に適したダイカスト鋳造があります。

様々なところで使用されている

アルミ鋳物は、日常的に目にする様々なものに活用されています。自動車やバイクのアルミホイールやエンジン部品をはじめ、機械部品や医療器の部品、門扉や鍵などが代表的です。特に軽量化が求められる自動車部品の分野において、ますます需要が高まっています。

アルミ鋳物の利点

金型

リサイクルができる

アルミ鋳物は使用しなくなった製品を回収し、そのアルミ鋳物を溶かし再び製品へ加工するというリサイクルシステムが整っています。資源を無駄にしないエコロジーな製品であり、地球環境にも優しい製品と言えるでしょう。毒性もなく食品との反応の心配もないため、工業製品だけでなく家庭用品やキッチン用品など、広い分野で活用できるのもメリットです。

熱伝導性と非磁性が高い

アルミ鋳物は熱伝導性に優れており、電気や熱を通しやすいというメリットがあります。そのため、熱交換機や調理鍋、冷暖房装置の素材として重宝されています。また、電磁気の磁場に影響されないという非磁性の高さもメリットであり、電子機器など磁場の影響を受けると精密性に関わる製品にも使用されています。

軽くて丈夫なうえ加工性が高い

アルミ鋳物は鉄と比較して3分の1の軽さであるうえ、加工しやすいというメリットがあります。成型加工、切削加工など幅広い加工が施工でき、広い用途で使用できるのが特徴です。鋳物であるため大型のものから細かく繊細なものまで型によって自由な形状に鋳造でき、強度や耐久性の高さにおいても優れています。

錆びにくい

アルミ鋳物のメリットとしては、錆びにくいこともあげられます。とりわけ、熱処理や下地処理、表面処理などを施すと更に錆びにくくなるため、屋外で使用する製品にも使用されています。鉄と比較して紫外線にも強く、低温でももろくならないという性質も持つため、気候の影響を受けにくいのもメリットといえます。

アルミ鋳物を購入するなら専門業者へ【欲しい形状で納品可能】

アルミ

専門業者に依頼することで購入可能

多様な製品に利用されているアルミ鋳物ですが、専門業者に依頼することで購入することが可能です。専門業者に問い合わせると、数量や予算、強度などの要望に合わせた見積もりを出してくれます。正式に発注すると図面に基づいた試作品が作られ、検査をして基準に達していれば製品として生産され、納品されます。販売用の製品だけでなく、ディスプレイ用のオブジェやモニュメントなど、単品の製造を注文することも可能です。