HOME>Topics>ディスプレイに活用!アクリルケースを購入しよう

アクリルケースの使用用途

アクリルケースは透明で中のものを確認しやすいため、収納ボックスやディスプレイケースとして使用されています。その他、看板や建築材料としても使用されるなど、様々な場面で活用されています。

ディスプレイに活用!アクリルケースを購入しよう

作業員

オーダーメイドで製作依頼ができる

アクリルケースは市販されているものだけでなく、特定の用途に合わせてオーダーメイドで制作できます。趣味のコレクションをディスプレイするために、高さ、幅、奥行きなどをカスタマイズした専用のケースを作ったり、ポスターをディプレイするポスターフレームを作ったりすることも可能です。

アクリルの特性

作業員

光の透過率が高い

アクリルは光の透過率が高く、ガラスの光線透過率が92%であるのに対し、アクリルは93%あり透明度の高さを誇ります。別名プラスチックの女王と呼ばれており、ディスプレイにも適した素材だと言えるでしょう。

気象条件を選ばない

強い紫外線や雨風、雪などの気象条件によっても耐久性が高く、鮮度や強度にほとんど影響を及ぼしません。そのため、屋外での使用にも適しており、10年から20年という長期間の使用が可能です。

衝撃に強い

アクリルは衝撃にも強く、ガラスと比べて10倍から16倍の耐衝撃性があります。万が一破損した場合も、ガラスのように破片が飛び散ることはないため、怪我の心配もなく安心して使用できる素材です。

加工しやすい

切ったり削ったり穴を開けたり加工しやすい素材であるため、DIYの素材としても人気があります。曲げたり接着剤で張り合わせたりすることも可能なので、自由度が高く初心者でも扱いやすい素材です。